サックスにリードケースは必要?【おすすめはガラス製リードケース】

サックス用アクセサリー
  • リードの先端が波打つことがあるんだけど……
  • ガラス製とプラスチック製のどちらのリードケースがいいのか分からない
  • リードケースの選び方を教えて!

リードケースがなくてもサックスの練習はできるので、リードケースを買った方がいいのか迷っている方が非常に多いです。

私も最初はリードケースを使わずに、リード付属のケースに入れてリードを管理していました。しかし、適切なリードケースを使うことでリードの寿命を大幅に伸ばすことができました。

そのときの経験をもとに、リードケースの選び方やおすすめのリードケースについてもお伝えします。

この記事を読めば、リードケースの必要性が分かり、適切なリードケースを買うことができるようになります。

結論を一言で言うと、リードケースはガラス製のものを使うことが大切で、アルトサックス初心者には「リードケース サックス用」が価格も安くおすすめです。

サックスにリードケースは必要

サックスのリードを管理していくのにリードケースは必要です。

リードケースがなくてもサックスの練習はできるので、絶対に必要というわけではありません。しかし優先順位はかなり高いです。

リードケースで管理することでリードの寿命を大幅に伸ばすことができるからです。

リードケースを利用せずに、付属のプラスチックケースでリードを保管していると、次のようなことがよく起こります。

  • ケースに入れるときにリードをケースに当ててしまい、リードが割れる
  • 繰り返しリードを使っているうちにリードの先端が波打つ

こういったことが起こると、リードは使えなくなってしまいます。リードを長期間使っていくためにはリードケースは不可欠です。

私もいくつかリードをダメにしてしまいました。気をつけてはいるのですが、どうしても一定確率で起こってしまいます。

リードケースはガラス製がおすすめ

リードケースには「ガラス製(ガラス板とクッション材で挟むタイプ)」と「プラスチック製(プラスチック部分に差し込みタイプ)」の2つがあります。

おすすめなのは圧倒的にガラス製です。

ガラス製のリードケースではガラス板にリードをおさえつけることでリードの波打ちを防ぐことができるからです。

リードの波打ちは練習で使ったあと、リードが乾燥していくときに起こります。

ガラス製のリードケースで保管するとガラスにおさえつけられた状態で乾燥していくのでリードの波打ちを防ぐことができるのです。

プラスチック製のリードケースではリードの波打ちを防ぐ効果は得られません。使うなら絶対にガラス製のリードケースだと断言できます。

初心者は6枚用のリードケースで十分

ガラス製のリードケースは「6枚入るタイプ」と「10枚入るタイプ」の2つがあります。

初心者は「6枚入るタイプ」のリードケースで十分です。

「10枚入るタイプ」が必要になるのは次の2つのどちらかに当てはまる人に限られます。

  • アルトサックスとソプラノサックスを両方とも演奏する人(アルトサックス用のリードケースにソプラノサックスのリードは入ります)
  • 毎日3時間以上練習する人

このような人は「6枚入るタイプ」では足りない可能性が高いです。どちらかにあてはまる人は「10枚入るタイプ」を、そうでなければ「6枚入るタイプ」で十分です。

私はアルトサックスだけをほぼ毎日1時間練習していますが「6枚入るタイプ」で足りないと思ったことはありません。

ガラス製のリードケースを使うときの2つの注意点

ガラス製のリードケースを使うときには次の2つに注意してください。

  • リードケースは丁寧に扱う
  • 正しい向きにリードを入れる

リードケースは丁寧に扱う

リードケースの内側はガラスですので、投げたり落としたりすると割れる可能性があります。丁寧に取り扱うことが大切です。

私はそれほど注意深い人間ではないのですが、それでも割ったことはありません。強度は高いと思われますが、念のため注意してください。

正しい向きにリードを入れる

リードは、ガラスとリードの裏(マウスピースと接触する面)を合わせるように入れることが大切です。また、リードの先端が手前(開く側)に来るように入れることも大切です。

この2つを守らないと「ガラス板にリードをおさえつけることでリードの波打ちを防ぐ」という効果が得られません。

おすすめのリードケース

リードケースはガラス製で6枚入るタイプのものがおすすめです。この条件にあてはまるリードケースは 「リードケース サックス用」 です。

私もこのリードケースと同タイプのリードケースを使っていますが、不満は全くありません。

構造上、バックル部分が壊れやすいです。私は1年くらいで壊れましたが、部品さえなくさなければ閉めることはできます。

使い始めて2年近く経ちますが、今でも使っています。

もし1年で買い替えることになってしまったとしても、リードの寿命が伸びているのでコスパはいいです。

【まとめ】リードケースはガラス製がおすすめ

リードケースはガラス製で6枚入るタイプのものがおすすめです。

ガラス製のリードケースは丁寧に扱うことと正しい向きでリードを入れることが大切です。

たとえ1年で買い替えたとしてもコスパはいいのでリードケースを使うことをおすすめします。おすすめのリードケースは 「リードケース サックス用」 です

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました